AMD Athlon XP

K7アーキテクチャを採用した最終世代のCPU。このCPUよりSocketAプラットフォームに完全に切り替わる。コストパフォーマンスの高いCPUであったがPentium 4よりも性能は高いにもかかわらず、動作周波数では負けていた為、動作周波数表示をやめて『モデルナンバー』を導入した。Athlon XP 1500+の"1500+"とは動作周波数は1.33GHzであるがPentium 4の1.5GHz(1500+)相当のCPUと同等の性能があることを意味している。Thoroughbredコアより製造プロセスが0.13μmとなり、後半にはHyperTransport333 MHz対応モデルも投入された。最終世代のBartonコアでは2次キャッシュが256KB⇒512KBに向上、最終的には400MHz 対応モデルも投入された。

Athlon XP (Barton:バートン)

2003年2月〜

製品名動作周波数コア数HyperTransportL2TDP対応ソケット
Athlon XP 3200+2.2GHz1400MHz512KB76.8WSocketA
Athlon XP 3000+2.16GHz1333MHz512KB74.3WSocketA
Athlon XP 3000+2.1GHz1400MHz512KB68.3WSocketA
Athlon XP 2800+2.06GHz1333MHz512KB68.3WSocketA
Athlon XP 2600+1.92GHz1333MHz512KB68.3WSocketA
Athlon XP 2500+1.83GHz1333MHz512KB68.3WSocketA

Athlon XP (Thorton:ソートン)

2003年2月〜

製品名動作周波数コア数HyperTransportL2TDP対応ソケット
Athlon XP 2400+2GHz1266MHz256KB68.3WSocketA
Athlon XP 2200+1.8GHz1266MHz256KB62.8WSocketA
Athlon XP 2000+1.66GHz1266MHz256KB60.3WSocketA

Athlon XP (Thoroughbred:サラブレッド)

2002年3月〜

製品名動作周波数コア数HyperTransportL2TDP対応ソケット
Athlon XP 2800+2.25GHz1333MHz256KB68.3WSocketA
Athlon XP 2700+2.16GHz1333MHz256KB68.3WSocketA
Athlon XP 2600+2.06GHz1333MHz256KB68.3WSocketA
Athlon XP 2600+2.13GHz1266MHz256KB68.3WSocketA
Athlon XP 2400+2GHz1266MHz256KB68.3WSocketA
Athlon XP 2200+1.8GHz1266MHz256KB67.9WSocketA
Athlon XP 2100+1.73GHz1266MHz256KB62.1WSocketA
Athlon XP 2000+1.66GHz1266MHz256KB60.3WSocketA
Athlon XP 1900+1.6GHz1266MHz256KB52.5WSocketA
Athlon XP 1800+1.53GHz1266MHz256KB51WSocketA
Athlon XP 1700+1.46GHz1266MHz256KB49.4WSocketA
Athlon XP 1600+1.4GHz1266MHz256KB48.5WSocketA

Athlon XP (Palomino:パロミノ)

2001年10月〜

製品名動作周波数コア数HyperTransportL2TDP対応ソケット
Athlon XP 2100+1.73GHz1266MHz256KB72WSocketA
Athlon XP 2000+1.66GHz1266MHz256KB70WSocketA
Athlon XP 1900+1.6GHz1266MHz256KB68WSocketA
Athlon XP 1800+1.53GHz1266MHz256KB66WSocketA
Athlon XP 1700+1.46GHz1266MHz256KB64WSocketA
Athlon XP 1600+1.4GHz1266MHz256KB62.8WSocketA
Athlon XP 1500+1.33GHz1266MHz256KB60WSocketA