製造プロセス

CPUの回線をどのくらいの太さの線で配線しているかを示す数値。この値が低いほど集積度を上げて、多くの回路を搭載できる。