動作周波数

コンピュータ内部の各回路間で処理の同期を取るための信号が1秒あたりに繰り返される回数をいう。CPUの動作周波数の単位としてHz(ヘルツ)という単位が使われるが1GHz=周波数1000,000,000回/秒である。旧年CPUは動作周波数が高くなるほど高性能と言えたがコア数・システムバスの周波数・キャッシュの容量・CPU独自の拡張機能などにより一概に動作周波数によりCPUの性能を測ることができなくなっている。